妊娠中にカモミールの入浴剤はダメ?入ってしまったときはどうすればいい?

スポンサーリンク

 

人,キャラ,女

カモミールを妊娠中に入浴剤として使っちゃったんだけど大丈夫かなぁ?

飲んでは無いし、香りだけなら・・・と思ったんだけど。

 

妊娠中に飲むとダメっとてよく聞きますよね。

そこで、入浴剤なら飲むわけじゃないし大丈夫と思いたいところですが・・・

実は、おすすめはできません。

 

今回は、「カモミールの入浴剤は妊娠中に使ってもいいのか?」をテーマに、

  • 妊娠中のカモミール入浴剤はアリかナシか?
  • 入ってしまった場合どうすればいいのか?
  • 妊婦さんにおすすめの入浴剤の種類

 

これらについてお話します。

最後まで読み進めていただければ、今の不安な気持ちは少し軽くなりますよ。

 

それではさっそく「妊娠中のカモミール入浴剤はアリかナシか?」を見ていきましょう。

スポンサーリンク

妊娠中のカモミール入浴剤はアリかナシか?

お風呂

妊娠中のカモミール入浴剤は・・・

ナシです!

使わないほうがいいです。

 

人,キャラ,女
え!どうしよう、使っちゃってるんだけど。

と不安になりますよね。

しかし、実際にカモミールが使われた入浴剤をお風呂に入れて浸かってしまっていた方々はいます。

中には、「14週目なのに普通に使っていた」という方もいました。

 

入浴剤の注意事項には

体調不良や持病の方は医師に相談

このような文章が書かれているはずです。

 

「絶対にダメ!」

と書いてあるわけではないです。

 

しかし、「子宮収縮作用」があり、流産や早産のリスクを高めてしまうのでおすすめはできないですね。

 

入ってしまった場合どうすればいいのか?

人,キャラ,女
ダメと言われても、もう入っちゃったんだけど・・・

すでに何度か入浴剤を入れたカモミールの香りのするお風呂に入ってしまっていた場合どうすればいいのでしょうか?

 

入浴剤にも、一般的に市販されているものは合成香料を使っているものも多いので本物のカモミールを使用していなければそこまで深刻になることは無いと思います。

特に入浴剤で使用する分には影響ないとおっしゃっている医師もいます。

 

ですので、どうしても不安で「どうしようどうしよう」と思っているのであれば一度かかりつけの医師にご相談ください。

 

カモミールの入浴剤はいつなら使ってもいい?

 

お風呂

できることなら産後に使いましょう。

プレゼントやお祝いなどで頂くこともあると思います。

しかし、本物のカモミールが入った入浴剤は妊娠中の身体には良くありません。

ですので、もし使うのであれば赤ちゃんを産んでから使ってください。

 

その際には、一度医師に相談してくださいね。

 

人,キャラ,女
でも、お風呂に何か入浴剤を入れたい・・・

そう思っているあなたに、
ここからは、妊婦さんにおすすめの入浴剤をご紹介します。

スポンサーリンク

妊婦さんにおすすめの入浴剤の種類

お風呂

そもそも「妊娠中に入浴剤を使用してもいいのだろうか?」という疑問がありますが、ほとんどの場合は、入浴剤自体が母体や胎児に直接大きな影響を与えることはありません。

日本浴用剤工業会では「妊婦への使用は特に問題はない」としています。

 

ただ、

  • 合成香料のモノか
  • 本物のハーブを使ったものか

 

これらの違いもあるので、極力本物のハーブを使ったものは控えたほうがいいですね。

 

入浴剤によっては「妊娠中や授乳中の使用を避けるように」と注意書きがあるのでその点をしっかり確認してください。

 

では、

  • 使ってもいいおすすめの入浴剤
  • 妊娠中に使用してはいけないハーブ

 

これらをお話ししますね。

 

使ってもいいおすすめの入浴剤

キュレル

花王のキュレル入浴剤は、セラミドやユーカリ成分を配合した弱酸性・無香料・無着色の薬用入浴剤。
カサつくお肌も潤い成分によってしっとりするのがいいですね。

弱酸性の入浴剤は赤ちゃんにも使えるので、乾燥しがちな妊婦さんのお肌にも優しく、荒れ性や湿疹、肩こりやあせもなど、気になる部分にも効果的です。

 

アトピタ

「90%以上のママが満足した」という入浴剤。
実際の口コミもかなり高評価で評判もいいです。

アトピタは敏感な赤ちゃんの肌にも使えるベビー用薬用入浴剤。

妊娠中だけでなく、産後に赤ちゃんと一緒にも使えるのがおすすめポイントです。

保湿成分が強く、お風呂に入れるだけでしっとり潤い、繰り返すカサカサ肌にも効果があります。

デリケートな肌の方や乾燥が酷かった方から
「よくなった!」「肌がきれいになった!」という口コミもあります。

 

私のおすすめは、「アトピタ」。

8年間以上、これじゃないとダメと使い続けている方の気持ちも分かります。

実際に、肌荒れが治ったり、荒れなくなって安定していたり「キュレル」と比べた際の違いもあるので、もしどちらか悩んでいるのなら一度「アトピタ」を試してみることをおすすめします。

 

次に知っておいた方がいい「妊娠中に使用してはいけないハーブ」を並べますね。

スポンサーリンク

妊娠中に使用してはいけないハーブ

  • キャッツクロー
  • コンフリー
  • サフラン
  • シナモン
  • ジンジャー(乾燥したもの)
  • セージ
  • センナ
  • チェストベリー
  • フィーバーフュー
  • ヤロー
  • ラズベリーリーフ
  • リコリス
  • レモングラス
  • ローズマリー
  • カモミール など

 

これらのハーブには、

  • 子宮を収縮させる作用
  • 陣痛を促進する作用

 

などがあり、流産や早産などのトラブルを引き起こす可能性があると言われています。

ですので、使わないほうがいいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「カモミールの入浴剤は妊娠中に使ってもいいのか?」をテーマにお話してきました。

「妊娠中はカモミールの入浴剤は避ける」

今回のお話はこの事をお伝えできたと思います。

 

ハーブは人の身体に様々な影響を与えるので使用時期などが大事です。

本物のカモミールか、合成香料を使った入浴剤などパッと見では判断できないものもあります。

が、注意事項に「妊娠中や授乳中の使用を避けるように」という文面があれば使わないようにしておきましょう。

 

例えば、「カモミールのバスソルト」などの塩系入浴剤を手に入れたときは気を付けてください。

本物のカモミール、もしくは精油を使用していると思いますので使用しないほうがいいです。

しかも「妊娠中や授乳中の使用を避けるように」という文面もなく梱包されている場合もあるので注意して下さいね。

 

今回のお話があなたの不安を少しでも取り除ければ幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でハーブティーいろはをフォローしよう!

コメント