ミントの乾燥方法にレンジは使える?簡単ドライミントの作り方を体験談でご紹介

レンジミントをあっという間に乾燥させる方法があるって聞いたけど・・・

実際、何W(ワット)で時間はどれくらいかければいいんだろう?

ミントに限らずハーブを乾燥させる方法って調べるといくつか出てきますよね。

  • 天日干し
  • 日陰干し
  • 乾燥しているところにぶら下げておく
  • 電子レンジ

これらは、なんとなくわかっても詳細が分からない事が多いです。

その中で、今回は電子レンジを使ってミントを乾燥させる方法をお話しします!

これなら数日乾燥させたりする手間も省けるし、短時間で乾燥させられるから超簡単!

そう思いましたか?

でも、実はミントをレンジで乾燥させないほうがいいんです。

「え~!そんなぁ・・・」

と思うかもしれませんが、辞めたほうがいい理由も一緒にお話しさせていただきますのでぜひご覧ください。

最初は、レンジでミントを乾燥させる方法からです。

スポンサーリンク

レンジでミントを乾燥させる方法

電子レンジ

レンジを使ってドライミントを作ってみましょう!

順番を書いておきますので、試してみたい方はこの順番通りにやってみてください。

  1. まずは、ミントを収穫してきます
  2. 土などがついているのでやさしく洗います。葉の後ろなどもよく見ましょう
  3. キッチンペーパーで水分をふきとります
  4. できるだけ重ならないように新しいキッチンペパーの上に並べます
  5. 450W(ワット)の電子レンジに入れて30秒ほどかけます(上にはキッチンペーパーをのせません)
  6. 一度外に出して乾燥具合を確かめます
  7. 外側と内側を入れ替えるか、一度ボールに入れて混ぜてから再度キッチンペーパーに並べます
  8. 上にもキッチンペーパーをのせて電子レンジで30秒ほどかけます
  9. 外の出して乾燥具合を確かめます
  10. そのまま冷まします
  11. 冷めてもまだ乾いていないようなら再度電子レンジに20秒ほど入れます
  12. 外に出して冷まします
  13. 11に戻ります

気を付けるポイントは、10番の「冷めるまで待つ」というところ。

出したすぐは、ミントから水分が蒸発しています。
つまり、すぐにレンジに入れなくても少し待てば乾燥するということ。

それを、水分が蒸発している最中に再度レンジに入れると、本来はしなくてもいい過熱をすることになります。

ですので、少し「しなぁ~」っとしていても冷めるとパリッとすることがあるので「冷めるまで待つ」というポイントを忘れないようにしてください。

スポンサーリンク

電子レンジの使い方を動画で見てみる

動画は「バジル」ですが、「乾燥の仕方」「要領」は同じです。

動画の2分までが電子レンジでの乾燥方法になります。

間違えて500W、600Wでやってしまったときのために、最初は失敗しやすいと思うのでミントの説明では時間を短めにしています。

慣れてきたら時間を少しずつ長くして調節してください。

スポンサーリンク

注意点

注意

ミントを電子レンジを使って乾燥させる方法は、とても簡単短時間でできるというメリットがありますよね。

そこで、1度は挑戦してみた方もいると思います。

でも、

動画や別のサイトで書いてある通りにやってみたのにどうしてもうまくいかない・・・

  • 自然乾燥よりも時間がかからない
  • 香りも逃さない

そう言われているのに、時間かからないどころか焦げるし、香りもなんか臭い・・・。

良いはずの香りがなんだか臭いし、気持ち悪くなって吐きそうになった・・・。

そんな経験した方もいるのではないでしょうか。

実は、レンジでの乾燥は「ハーブによって向き不向き」があるんです。

ミントは電子レンジの乾燥に不向き?その理由を解説

私も何度か挑戦しましたが、経験的にミントは電子レンジでの乾燥に向いていないと思います。

挑戦した時の画像がありますので一緒に見ていきましょう。

ミントを置いてレンジにかけます。
スペアミント,乾燥ミント,ドライミント

すると、このようにパリパリになります。
スペアミント,乾燥ミント,ドライミント

一見、「きれいにできているじゃん!」と思いますが・・・

香りが臭いんですよ。

これはスペアミントなんですが、本来うまく乾燥できたときに残らないフレッシュ独特の香りが電子レンジだと強烈になって残ります。

これをハーブティーにしたところ飲めたものではありませんでした。
ミントのスーッとした香りに変な臭いが混ざってしまって「まずい!」と思いました。

そして、もう1つ。

少しでもレンジにかける時間が長くて失敗してしまうと・・・

このようなミントが、
スペアミント,乾燥ミント,ドライミント

こうなります。完全に焦げます。そして臭いです。
スペアミント,乾燥ミント,ドライミント

電子レンジを使った乾燥方法は、確かに早くできますが「ミント」は色はきれいに残っても、

香りが臭くなる

というデメリットの方が大きすぎるのでやめたほうがいいと思います。

わかりやすいように少量で画像を撮ってありますが、これは量が多くても同じです。
ですので、乾燥させるなら別の方法がおすすめです。

ちなみに、こちらに書いている乾燥方法。

ペパーミントの使い方!生の葉は乾燥させて使うべき?乾燥方法は?

この方法で実践したミントは、きれいな色でしっかり乾燥していますし、ミントのスーッとした香りがとてもよくスッキリします。

●スペアミント
スペアミント,乾燥ミント,ドライミント

●ペパーミント(アメリカンブラックペパーミント)
ペパーミント,乾燥ミント,ドライミント

見た感じどうですか?
綺麗に乾燥できていますよね。

しかも香りもいいので私はこの方法でやっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、

  • レンジでミントを乾燥させる方法
  • 注意点
  • ミントが電子レンジを使わないほうがいい理由

についてお話しさせていただきました。

「電子レンジを使えば短時間で乾燥できる!」

と言って何でもかんでもハーブをレンジで乾燥させるのはおすすめしません。

ミントのように、この乾燥方法には向かないものもあるからです。

動画はバジルですが、他にもローズマリーは比較的できやすいと聞いたことがあります。
私もまだ試していませんが、今後色々なハーブを紹介していくので挑戦して、その結果をお伝えしたいと思います^^

また、手元に様々なハーブがたくさんあれば一度自分で試してみるといいですね。
そうすることで「あっ、これはレンジで乾燥できる!」「これは、できない」というのが分かります。

もし、レンジで乾燥できるハーブがあれば本当に簡単ですよね。
あっという間にできますから。

「このハ―ブは電子レンジで出来ますよ」

という情報をお持ちの方がいらっしゃいましたらコメントいただけると嬉しいです^^

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でハーブティーいろはをフォローしよう!

ランキングに参加しています。
応援クリックよろしくおねがいします^^
にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ

シェアする

フォローする